Hoshino-CPA.com
業務案内 米国個人所得税・2016年度想定Q&A プロフィール コンタクト ホーム
パートI:外国人に対する米国での課税 パートII:税務申告書の仕組み
2016年度:想定Q&A
マイナスの所得もある

 さっき損益という言葉で説明されたのがいくつかありましたが、所得といっても損も計上できるのですか?

 グッド・クェスチョンですね。

勤労所得は皆さんが1月に会社から受取るW-2に示されている年間グロス給料の額、及びそれに入っていない給与所得の額を一般に指しますが、これは損、あるいはマイナスにはなり得ません。同様に利子・配当金受取り所得もマイナスにはなり得ません。

しかし、今話に出た賃貸所得の様に収入から経費を差引くとマイナスになってしまうことはよくあります。自営業所得も収入から経費を差引くので同じことがいえます。また、債券などの資産の売却も損(キャピタル・ロス)になってしまうことがよくあります。

BACKNEXT

最近の投稿から

パートI:外国人に対する米国での課税 パートII:税務申告書の仕組み
© 2017 Shoji Hoshino CPA, All rights reserved.