Hoshino-CPA.com
業務案内 米国個人所得税・2016年度想定Q&A プロフィール コンタクト ホーム
パートI:外国人に対する米国での課税 パートII:税務申告書の仕組み
2016年度:想定Q&A
パートII:税計算の仕組み (TAX COMPUTATION)

 となると、私の場合のように家内が働いていない場合は夫婦合算が有利ですね。

では実際にその1040でどう税金が計算されるのですか?

 ここに表(表3)を用意しましたので、ちょっと見て下さい。

この表にありますように、まず所得を計上しその合計である「総所得」(Gross Income)を定めます。

次にこの総所得に対する「調整項目」(Adjustments)を計上し、総所得から差引いて「調整後総所得」(Adjusted Gross Income)を定めます。この調整後総所得はその英語の呼び名 の頭文字を取って「AGI」と呼ばれていますが、税務の上で大変に重要です。 その次は、「標準控除」(Standard Deduction)あるいは「個別控除」(Itemized Deductions)の額、「人的控除」(Personal Exemptions)の額を定め、 AGIから差引いて「課税所得」(Taxable Income)を決定するという課税所得計算の流れになっています。

表3 税額計算の流れ(連邦税) TABLE 3 FLOW CHART FOR TAX COMPUTATION (FEDERAL)

BACKNEXT

最近の投稿から

パートI:外国人に対する米国での課税 パートII:税務申告書の仕組み
© 2017 Shoji Hoshino CPA, All rights reserved.